company
line
トラス間知ランパート
トラス間知  NETIS登録番号 KT-980106
自然石の板材が「間知石」に・・・・・トラス構造がそれを可能にしました。
特長 表面材のみを自然石、控えはトラス構造の鉄筋で構成されています。
製品寸法はmax600×450(3.7個/u)です。(一般の製品は7.4個/u)
石の大きさの変化が壁面をダイナミックに表現します。(方形乱積調の表現が可能です。)
本物の石の味わいが活かされ、年数が経つにつれ重厚感が増してきます。
施工の容易さおよび施工期間の短縮と、低価格が実現できます。
用途 河川の護岸工・道路の土留工・公園・学校の敷地造成・一般住宅の土留工等
施工例
トラス鉄筋セット状況 トラス間知施工状況(600×450mm)
トラス間知洗浄状況 施工例
■布設展開図
■断面図 ■断面図
■形状図
方形乱積(ランパート)で躍動感を表現するmax(600×450mm)min(300×300mm)
ランダム布積み施工とする。(R=3m迄対応できる)
伸縮目地はクランク目地にする。(デザインの連続性が保てる)
水抜パイプは極力下段に配する。(錆水などの汚れから石材を守る)
垂直積み(重力式雍壁)の場合は裏構造を垂直にする。(型枠損料が大幅に下がる。施工性が良い)
建設省制定のブロック積標準設計に基づき設計する。
line
溝口HOME