お菊人形の怪現象
北海道栗沢町万字  萬念寺

       マウスを画像にお乗せ下さい
 当社の工場・展示場のある栗沢町には、その昔炭坑の町として栄えた万字
という地域があり、今は当時の面影を残す寺院5カ寺がひっそりと建ち並び、
その中に髪の毛が伸びる人形「お菊人形」が祭られている浄土宗萬念寺とい
う寺院がある。
 そもそもお菊人形は、近くに住む鈴木永吉さんが大正7年札幌市において
開催された大正博覧会を見物の帰り、8月15日札幌狸小路の商店で幼い妹
菊子におみやげとして買って来たオカッパの胸の鳴る人形であった。
 菊子は大変喜び、毎日人形と共に楽しく遊んでいたが、不幸にして大正8
年1月24日 3歳にして死亡。葬儀の際大切にしていた人形を悲しみのあま
り、棺の中に入れて持たせてやるのを忘れ、出棺後この事に気がつきしかた
なくお骨と一緒に仏壇にまつり、生前の菊子を思い出しながら朝に夕に回向
しているうちにいつともなく髪の毛がのびだし、家族は「菊子の霊が乗り移っ
た」と信じ大切にお祭りをするようになった。
 その後鈴木永吉さんは樺太に移転することになり、昭和13年8月16日妹
菊子及び父親助七のお骨と人形を萬念寺に頼み出発。
 終戦後引き揚げて、追善供養のため萬念寺に参詣した所、納骨した時よ
りさらに髪の毛がのびており、本当に不思議なことと思い、お人形を萬念寺
に納め先祖代々供養を願い出たのである。
慈光山 萬念寺「お菊人形由来」より
溝口HOME